ホームページ / 教育 / 日本語教育センターの紹介
日本語教育センターの紹介ラーニングハンドブック

日本語教育センターの紹介

VHC Jinzai Networkには、ハノイとホーチミン市に2つの日本語教育センターがあり、何百人もの実習生(以下、TTSとする。)に食事・勉強・睡眠・楽しさを満たす広々とした設備を備えています。当施設には、日本に住んで働いていた実績を持つ教師が在籍しており、皆熱心に教育活動を行っています。当施設は、「質の高い人材を育成する」という目標を掲げて、実習生の学習と技術向上に役立つ設備や機会に常に投資したいと考えています。ベトナム国内の官庁や日本の企業様からも大きな信頼を得ています。
実習生さらに、厳しく指導することはもちろんですが、フレンドリーでオープンな学習環境は、効果的な教育と学習を確実にするための前提条件です。当施設は日本語の勉強に加えて、日本の文化・居住環境・働き方を実習生に紹介するための勉強時間を重視しています。これは、実習生が日本の美しさをよりよく理解し、日本の生活とより早く統合するのを助けることに役立ちます。日本語の勉強に焦点を当てることに加えて、当施設は日本語の能力だけが優れた人材を育成するのではなく、規律を守る日本人労働者のイメージを重視して教育活動を行っています。当施設に入学する人物は、広々とした快適な寮に入居します。設備は、快適なリラックス空間を創り上げるために完備されています。
寮では、合理的な宿泊施設に加えて、実習生に自習学習時間を提供し、実習生は知識と日本語の学力を向上させることができます。授業での勉強とは別に、実習生は身体のトレーニングを行い、サッカーやバドミントンをします。実習生の健康にも配慮しています。加えて、当施設は定期的にスポーツ競技会を開催し、運動能力の向上を図っています。したがって、体力勝負の仕事であっても負けない身体つくりを目指します。また、これによりチームワークの大切さを実感し、協調性を高めることにもつながります。当施設に入学すると、TTSは日本語の勉強だけではなく、有意義な課外活動にも参加します。
これらの活動を通して、実習生は多くの貴重な体験をし、日本語を学び、成長します。課外活動では実習生同士で団結し、相互理解を深め、お互いの進歩を助けます。それは、日本へ行く前に実習生が学ぶべき前提でもあります。家族や友人から離れて暮らしているときに、団結し、愛し、助け合い、困難を乗り越えるための重要な活動です。当施設が実習生に適切な教育環境を創ることを目指し、TTSにプロフェッショナルな教育を実現させます。当施設には学識と道徳と技術を持っている職員が揃っています。実習生に最良な教育環境を提供し、日本の労働力輸出市場に有益な人材を派遣させていただきます。そして、実習生が日本での契約終了後、母国での仕事を紹介します。